台風13号台湾北部通過17日に奄美接近

台風13号は14日、北西へ進んで台湾北部に上陸。その後東シナ海へ抜けました。勢力は少しだけ弱まっいるようですが、沖縄の石垣島などが風速15メートル以上の強風域に入ったままなので、気象庁からは引き続き強風と高波に警戒するよう呼び掛けられています。沖縄、九州地域の皆さんはさらに警戒が必要となりますので注意して下さい。台風13号は、15日からは勢力を維持したままほぼUターンするように東方向へ進行。17日には鹿児島・奄美諸島付近に接近。

その後、台風13号は16日夜には宮古島の北の海上を東に進み、再び勢力を強めたようです。17日午後9時ごろに奄美大島の西海上に達し、鹿児島県枕崎市の南西約110キロにも達するとの予報がでています。気象庁からは再び大雨、強風、高波に注意を呼び掛けられています。ご注意下さい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080916-00000158-jij-soci