TOP >  イソフラボン  >  イソフラボンとは?

イソフラボンとは?

イソフラボンとは最近になって、女性ホルモンであるあのエストロゲンと似た働きをするということで注目を集めています。イソフラボンは、大豆胚芽の中に、特に多く含まれる植物性のポリフェノールの仲間である、フラボノイドの一種になります。イソフラボンはフラボノールやカテキンと同グループで、植物色素の無色〜黄色の色素成分になります。15種類程の大豆イソフラボンが確認されているようです。
また、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと化学構造がよく似ているために「フィエストロゲン」と呼ばれることもあります。イソフラボンは大豆だけでなく、葛の根やクローバーなどにも含まれます。

昨今はイソフラボンの研究が盛んに行われており、ベルギーで開かれた「大豆の成人病予防と治療に関する国際シンポジウム」では、イソフラボンがメインテーマになるほど、イソフラボン研究が相次いで発表されたようです。


>>> 本格的なエイジングケア【送料無料&初回半額】トリニティーライン お試しセット

関連エントリー

TOP >  イソフラボン  >  イソフラボンとは?